長岡式酵素玄米のブログ

長岡式酵素健康法の講師をしています。玄米と小豆と塩と水。これらによって酵素を生み出し体内にとりいれる健康法。「酵素玄米を食す健康法」によって多くの方が病から解放へと向かっておられます。

心と食事

すさみが強い人のお食事は、味わいを優先し、満腹感を求めると考えます。
すさんだ心とは、その人の心の「へこみ」です。それを埋めあわすために食べるのです。
ですから、心の「へこみ」を埋めるために、その人はいろんな欲望からのアプローチをすることでしょう。

食欲、物欲、睡眠欲、性欲、名誉欲、…。そして、それらを得ても、その「へこみ」を満たすことできないようです。一時的に満足しても、すぐ様、「へこみ」=飢渇感が表れると思うのです。

結局、食事をなんとかしようとしても根本的な苦しみを解決しない限り、すさみの強い人にとっては、食生活からの健康法は難しく、一時的に食生活を整えても、また戻る可能性があると言えるのです。つまり、心の「へこみ」のような飢渇感は、簡単に埋まらないようです。

まず、根本的な苦しみというのは何かということです。…きっと生まれ育ちであり、幼少の頃の家庭環境が決定的かと思います。ただし、同じような家庭環境にあっても、越えられるひとと越えられない人があるというのも、これも不思議なことです。

私がなぜ、そこに生まれたのか。そこで何をしないといけないのか。その理由を知ろうとしない限り、その方は無限回廊を歩く人になってしまうのです。

そして、その人は人より多くのマイナスを背負っているように見えて、実はまったく違う可能性を抱いているようです。

酵素健康法(傑作健康法)について

最近、大変忙しい日々を送らせていただいてます。
本当に、楽しく、ありがたい日々です。
ついつい、ブログやウエブサイトもを後回しにしています。

さて、今日は、あらためて「酵素健康法(傑作健康法)」について書きます。

私の言う、酵素健康法とはもちろん「長岡式酵素玄米ご飯」をベースとしています。
酵素ジュースのファスティングではありません。なんちゃって酵素玄米やただの玄米ご飯ではありません。

長岡式酵素玄米を日々の常食として、身体の健康を管理をする健康法です。

この健康法は、身体が元気になってゆく。様々な病で苦しんでおられる方も、この酵素玄米に出会って
大変よろこんでいただいています。それは、身体からの声を聴くことができる健康法だからです。

「自分の身体との対話」です。

よく、この長岡式酵素玄米ご飯、ものすごいものだと言う方に出会いますが、それ以上にすごいものがあります。
それは私たちの身体です。その素晴らしさを教えてくれるものが酵素玄米であると思っています。

酵素ご飯がすごい、すごい!というのはわかります。何か薬や健康食品、サプリメントに近い感覚ですね。
そういう捉え方でもいいのです。悪くはありませんが、もう一歩踏み込んだでお伝えせていただくならば、この酵素玄米ご飯は私たちの「心」と「食事」との関係性。そして、「人生全体」を俯瞰させるものであると思います。

心が食生活をつくるということ。満たされた心の方は、さほど食にこだわらず、量もそれほどとらわれないでしょう。
私たち現代人はストレス社会の中に生きています。責任をもって仕事や家庭ではたらいている方々にとって、満たされたというよりも、ストレス、ストレスです。そして、ストレスの解消に使われるのが食事です。

また、たとえ、心が満たされた穏やかな人でも、一度グルメの世界に目が開かれるとたちまち、食事は「贅沢」になってゆくでしょう。そのような食生活は必ず、富栄養化という状態をつくりだすのです。

私たちは誘惑に弱いのものです。かといって誘惑を退けてばかりいると心がギスギスしてしまうかもしれません。
どのようなストレスも跳ね返すような強靭な心をもっているわけではありません。

ただ、酵素ご飯を食べてゆくと、そのような食事の贅沢化に転がらず、…たとえ転んだとしても戻れるのです。
ですから、まったく贅沢を否定するのでなく、食べたいという強い欲求があれば食べましょう…という感じです。「身体と対話」です。むやみやたらに食べることは、よくないですが、禁欲しすぎるのもどうかということです。

暑い夏のジュースのように、口当たりのいい冷たい飲み物はいくらでも身体に入ります。口当たりのいい甘い飲み物はいい気持ちにさせてくれます。ガブガブ飲むと、ちょっとおかしくなってきますし、やがて、病弱になってしまいます。そんなとき、私たちは経験上、お茶を飲むようにしています。そのお茶のようなはたらきがこの酵素ご飯にはあるのです。

さて、本題はそこではありません。

わたしが一番伝えたいこと。「傑作健康法」といいたい所以です。
それは、身体と心のつながりと同時に自然界のつながりということ。その実感が生まれるのがこの長岡式酵素健康法です。
私たちは、地球上の大いなる自然の中に生かされています。そして、身体は小さな自然です。身体も自然の一部であり、自然界のシステムをそのまま抱いているといえるでしょう。小さな自然。小宇宙です。

不思議なことに、宇宙の天体が60兆個と言われています。(誰が数えたのでしょうか?)
人体の細胞も、同じくその数が60兆個と言われています。(誰が数えたのでしょうか?)

このように人体と宇宙や自然界には不思議な符号がたくさん隠されています。

あらゆるものが、相似形をしていて、互いに響き合い、成長し合っているのようです。
それは、見ようとしないと見えないのです。私たちが本当のことを知りたいという意志を抱いて、自然界を眺めるといろんなことを知ることになるでしょう。そのような考え方に至れるというのは、なんということでしょうか。まさに傑作健康法です。

では、また次回につなぎます。

新しいウエブサイトも一度みてください




健康力について

●病気に、「なる」「ならない」を分けるものとは。

同じような環境や条件におかれても病気になる人とならない人がいます。
その違いは何でしょうか?。

それは、人それぞれが抱いている「健康力」と言えるでしょう。
癌になっても、治る人ももいれば、そうでない人もおられます。
それは、その個人個人が抱く、自然治癒力や免疫力と言われます。

その中心にあるのは、「生きたい!」とする「想い」にあるとのではないかと思います。
また、その方が抱いておられる「感謝」の思いも大きく関わっているようです。
このように、表すと「想いだけで病気は治らない」と言われそうです。
「感謝」で病気が治れば、病院はいらない…まったくそのとおりです。
ただ、その傾向があると思います。

「想い」を無視することはできないのです。


(A)「癌」の原因とは何ですか?
(B)プラシーボ現象

上記の二つのことは、未だ解明されていません。
なぜ、「癌」が存在するのか?お医者さんの「聴かないでほしい」ことの一つだそうです。
そして、「プラシーボ現象」=「偽薬効果」と言われます。偽物の薬も、医師からもらうと、なぜか不思議なことに効果がでる場合があるようです。驚くことがたくさんあります。(※インターネットで調べてみてください。)

くわえて

(C)祈りの効果
これは、アメリカのある病院が実験してその実験結果を公表しました。病棟の患者にクリスチャンの集団が毎日祈ったという単純な実験です。しかし、その結果は実に驚くべきことです。祈りをした病棟の患者とそうでない病棟ではあきらかな違いが現れたのです。患者本人には知らせていないにも関わらず。

(D)気の効果
気は科学的に解明されていません。しかし、気には間違いなく効果ががあるという確信をいだいている方は多く、非科学的などと言う人は少なくなっています。気の力で動物を眠らす達人もおられます。これも動画で見つけてみてください。

(A)(B)(C)(D)それぞれ、違う課題ですが、精神作用が何らかの効果を促したように思います。
さがせば、このレベルの不思議はいくらでもありそうです。


●食事について

人は心が癒されないと、食事は粗雑になります。口当たりのいいものだけ摂るようになるようです(物欲、名誉欲、性欲でバランスを取っている人は別でしょう)。
癒されていない人は甘いものを求めすぎます。また、充実感を感じにくい人はそれに加えて、動物性のものを欲するようです。肉を喰うのは充実感が求めてだと感じています。

また、その逆で癒されている人。愛を与える人は、さほど食事にこだわりません。
たとえば、母親という存在はいつも子供の成長を考え、栄養を気にします。外食などすると、母親は自分のメインのおかずを子供たちに分け与えたりしますよね。自分よりも子供の成長こそが大切だからです。与える人は、食事への充実よりもすでに心が充実しているからでしょうか。

●心が食生活をつくる
上記のように、与えることを忘れ、もらうことばかり考える人の食事は簡素にならず、余分なものを多く摂る傾向にあります。そのような食生活を続けるなら、中年になる40歳くらいには、20歳のときと比べて10kg、20kgと体重が増えているのではないかと思います。今の日本は豊かだから、所得の高低に関係なく太ってしまいます。20歳の頃に比べて体重がすごく増えている人は、病弱の傾向にあります。代謝が劣っていると私は考えます。

●病気の原因とは
「心」と「食事」によって、私たちは病に陥りやすい傾向の身体をつくります。栄養の摂り過ぎは身体を脆弱にします。栄養の摂り過ぎもよくないのです。そして、大きなストレスを感じたときに、人は病を決定的にしてしまうようです。「心」と「食事」だけに気をつけていればいいのか…というとそうではないのですが、健康の柱である「代謝酵素」をないごしろにしていると脆弱で病気にかかりやすくなり、健康力の低下になると思います。

普段から、健康には気をつけて、酵素玄米を食べていただくことをおすすめします。
酵素玄米がたべられないのなら、なんちゃって酵素玄米でも、簡単に炊ける玄米のびっくり炊きというのもあります。玄米を食べることは日本人の身体に合っているようですのでおすすめします。

最後に。誰もが「生きたい!」と思っているのですが、その想いだけでは健康にはなれないようです。でも、普段の想いが、食事のスタイルをつくります。普段から強く「健康志向」であるのなら、インターネットでいろいろと調べて自分にもっとも相応しいライフスタイルをさがすことでしょう。病気になってから、あれこれを探すのはすでに後手です。
健康に気をつけて何かを摂取するよりも、摂らないという生き方を考えるべきだと考えています。それが、酵素を中心とした健康法の考え方です。



9月、10月の講習会

9月09日(土)午後3時~5時30分
9月23日(土)午後3時~5時30分
9月30日(土)午後3時~5時30分

10月07日(土)午後3時~5時30分
10月14日(土)午後3時~5時30分
10月21日(土)午後3時~5時30分



内容
・ 酵素ご飯による健康法の体験談
・ 長岡式酵素健康法の六つの側面
・ 酵素とは何か?
・ 「心」と「健康」のつながり
・ 今すぐにできる健康法とは
・ 酵素玄米ご飯の試食


会場は、「おうちカフェ 樹林」
大阪府豊中市曽根東町2丁目3-14
(阪急曽根駅から徒歩5分)

参加費:800円(テキスト代込み)

講習会お申込みは、電話もしくはメールで!
TEL.090-1077-9819
電話に出れないときは,こちらからかけなおします。
mail:harada0816@gmail.com
※おうちカフェ樹林さんに直接申し込まないでください



●新しいホームページ



酵素玄米の講習会

8月と9月の講習会のご案内です。

講習会のご案内
●土曜日を講習会にあてています。(予約してご参加ください。※毎週ではありません)
●参加費はテキスト代込み、試食込みで800円です。
2017年
08月05日(土)15:00 ~ 17:30
08月19日(土)15:00 ~ 17:30
08月26日(土)15:00 ~ 17:30

09月02日(土)15:00 ~ 17:30
09月09日(土)15:00 ~ 17:30
09月23日(土)15:00 ~ 17:30
09月30日(土)15:00 ~ 17:30


お問い合わせ先
harada0816@gmail.com
Tel:(090) 1077 9819 (原田)
 
※電話が出れないときはこちらからかけ直します。
お店に直接かけず、原田の携帯に直接お願いします。

会場:おうちカフェ樹林  大阪府豊中市曽根東町2丁目3-14

→→→ こちらをクリックください

Menu

プロフィール

げんたく (撮影2011.06.11)

Author:げんたく (撮影2011.06.11)



原田たかひで:酵素玄米ご飯を紹介した友人、知人に起る奇跡のような好転の数々。生活習慣病、その他、さまざまな病気にお悩みの方に、このブログを通してお伝えしたいです。この健康法は傑作健康法なのです。





メールはここをクリックしてください。
連絡:harada0816@gmail.com
電話:090-1077-9819





soleil_bana001.jpg



掲示板つくりました

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード