長岡式酵素玄米のブログ

長岡式酵素健康法の講師をしています。玄米と小豆と塩と水。これらによって酵素を生み出し体内にとりいれる健康法。「酵素玄米を食す健康法」によって多くの方が病から解放へと向かっておられます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おしどり」を知っていますか。

たまたま、見ていたユーチューブの広瀬隆さんの講演をそのままにしていたら、自動的に「おしどり」の漫才が始まった。特に面白い漫才でないけども、まあまあ、軽快な語り口だし、若手漫才師の新ネタでも聞こうかな…と、ほっておいたら原発問題を語りだし、海外にまでその話にゆく体験談はとてもおもしろい。人生が開かれてゆく…とういのはまさにこのこと。また、ドイツの学生の意識の高さに驚きです。「民主主義とは、愚かな愚かな指導者を選出する。我々はヒトラーを選出してしまった…」。すごい、国としてでなく個人として後悔になっている。等々、考えさせられることがある。ぜひ、見てほしいユーチューブです。自分の意見をしっかり持つことの大切さを思います。「おしどり」って、新しい時事ネタのすばらしい漫才師、大笑いしないがとても面白い漫才講演なんだ。よしもとってすごいと思いますよ。

https://www.youtube.com/watch?v=TAYePmLauIM

「代謝実感」を体験しましょう。

動物と人間について考えてみます。例えば、ジャングルに住む人々は、動物の排泄物(糞)を見て、その活動や棲息状況を読む…、そんなテレビのドキュメンタリーやドラマを見たりします。動物が毎度毎度同じものを食べているので同じような排泄をするわけ。でも、人間はどうでしょうか?。人間ほどバラエティに富んだ食生活をしている動物はないでしょう。ですから、その排泄物も人それぞれです。昔、おトイレは汲み取り式でバキュームカーが来ました。作業員の方々の中には、汲み取りのときの臭いで、そこの家の人がどのような病気になるかがわかったと聞きます。排泄物と病気はつながっているのでしょう。

草食動物は、草を食べ、肉食動物は肉を食べる。歯形が違うといわれます。人間はというと草食と肉食ができる雑食的な歯の形をしていると言われています。いろんなものを好き勝手を食べられるというわけです。しかし、好き勝手な食生活は必ず、ある傾きを生み出し、その傾向に応じた身体から病気になってゆくように思います。とくに、ストレス解消を目的とした食事の楽しみ方の方はご用心です。…かといって、固い頭の「これしか食べてはいけません」的な縛りも苦しいものです。

何をどのくらい食べればいいですか?と聞かれますが、人それぞれですので自分で考えることが大切だと思います。自律です。自分で考えて、自分で行動して、その結果、智慧を抽出してゆくのが私たち人間として権能です。食べていいものか、どうかは身体が教えてくれます。身体が好んでいない食事は下痢便秘になると考えています。便秘は代謝が劣っていると考えます。

まずは、「代謝実感」を体験してみましょう。私たちの身体は、表面の日常意識にもわからないとても自然な形で生きようとする意志を持っています。食べ過ぎは口内炎ができたりします。疲れているのに食べたりするときも口内炎ができたりします。身体たちょっと待ってという、シグナルを出しているのですが、本人は食べたい意識を調御することができないのでひどくなったりします。このように、身体はいろんなシグナルや呼びかけをもって表面意識に語りかけたり、訴えたりします。身体と対話するということがなによりも大切になってきます。

この身体との対話は、まず、食事の在り方でどのような排泄をするかということです。
人間としての本来的な食事。「あるべきよう」というのでしょうか、理想の食事は、うまいまずいは横において排泄時の爽快感とお尻の汚れです。腸が汚れない食事は、お尻が汚れません。そして、このときにスッキリします。お尻が喜んでいる。お尻と一緒に歌を歌いたくなる、そんなおトイレのときを持つことが大変大切だと思います。これを「代謝実感」と言っています。

 「医食同源」について。

古来より洋の東西を問わず、智慧ある医師は薬に頼らずに「食」を通して、病を防ぎ、癒すことを最善とされてきました。
「食」とは、食べる内容とその量を指すのでしょう。
食料が貴重な時代、飽食とは離れた質素な生活をし、食べるものを選べることができないような時代…「食事」を、大切にしていた時代だからわかることだったのでしょうか。
今、簡単に口当たりのいいものを簡単に手にいれることができます。食事を楽しみとしか見ていないし、食事を軽視している人がほとんどです。現代という時代はないのではないでしょうか。私の出会う方の中には、自分の食事に制限を加えられることを、大変に拒む人がいますが、そのような方がほとんどですし、食事のあり方が病気を産んでいるというリイアリティが大変乏しいかたです。

食事は食事で自分の好きなものをいただき過ごしたい。病気は医者にまかせて薬を飲むライフスタイルを選ぶ。これがごくあたり前の病気の治療のスタイルです。その病気が食事を原因とする、生活習慣病であったとしても食生活の改善よりも、薬での治療を優先と考えてしまうのです。原因を見定めることとか、そこから自分で考えることなどしません。大勢の人々が大きな錯覚の中で生きているように思えてなりません。
みんながそうしているので、そうする。医療にお任せ。また、病気になってから健康的な食生活をすればいいとするまったく怠惰な考えであると私は思います。



私は、「人間の身体」「生命の神秘」を誰にもわかる「酵素」から、見つめてみたいと思います。
誰もが見失っている大変なシンプルな構造がそこにあると推察しています。
つまり、それは「自然のシステム」。私たちの周りには自然があります。都心を離れれるほど自然は豊かになります。どこにでもある緑の山、青い空。すぐそばの樹木や大地、草原、川。このような自然の中にいると安らぐ心があります。私たちは自然と一つなのです。

そして、何よりも忘れてしまいがちなのは、私たちの身体も自然そのものであることです。
外なる自然界にあるシステムは、内なる身体のシステムと見事に符合するはず。
外なる自然界に触媒があるように、内なる身体には酵素があるのです。

野生の動物たちは無軌道に生きているのではありません。本能を抱いています。自然界にコントロールされているのです。
同様に、身体も身体を維持するための意志があり、その意志にしたがたい様々な生命のはたらきがあるようです。大変な精妙な中にあって、私たちはすべてを「あたりまえ」という思いで生きているのです。

医師長岡勝弥先生が発明された長岡式酵素健康法は「医食同源」そのものです。玄米と小豆と塩という自然の恵みだけでつくる酵素玄米ご飯による健康法です。もうすでに口コミで広がり、実践されている方が多数おられ、健康を享受されています。
酵素玄米ご飯は、「自分の健康は自分で守る」という自信となり、「食」と「健康」、そして「自律心」のつながりを知る体験が得られる傑作健康法なのです。

11月の講習会のご案内

●11月04日(土)午後3時~5時半予定
●11月11日(土)午後3時~5時半予定
●11月18日(土)午後3時~5時半予定
●11月25日(土)午後3時~5時半予定

豊中市曽根東町2丁目3‐14
おうちカフェ樹林にて開催します。

参加希望の方は、メールもしくは
お電話をください。

よろしくお願いします。

新しい酵素健康法のウエブサイトも合わせてご覧ください。

心と食事

すさみが強い人のお食事は、味わいを優先し、満腹感を求めると考えます。
すさんだ心とは、その人の心の「へこみ」です。それを埋めあわすために食べるのです。
ですから、心の「へこみ」を埋めるために、その人はいろんな欲望からのアプローチをすることでしょう。

食欲、物欲、睡眠欲、性欲、名誉欲、…。そして、それらを得ても、その「へこみ」を満たすことできないようです。一時的に満足しても、すぐ様、「へこみ」=飢渇感が表れると思うのです。

結局、食事をなんとかしようとしても根本的な苦しみを解決しない限り、すさみの強い人にとっては、食生活からの健康法は難しく、一時的に食生活を整えても、また戻る可能性があると言えるのです。つまり、心の「へこみ」のような飢渇感は、簡単に埋まらないようです。

まず、根本的な苦しみというのは何かということです。…きっと生まれ育ちであり、幼少の頃の家庭環境が決定的かと思います。ただし、同じような家庭環境にあっても、越えられるひとと越えられない人があるというのも、これも不思議なことです。

私がなぜ、そこに生まれたのか。そこで何をしないといけないのか。その理由を知ろうとしない限り、その方は無限回廊を歩く人になってしまうのです。

そして、その人は人より多くのマイナスを背負っているように見えて、実はまったく違う可能性を抱いているようです。

Menu

プロフィール

げんたく (撮影2011.06.11)

Author:げんたく (撮影2011.06.11)



原田たかひで:酵素玄米ご飯を紹介した友人、知人に起る奇跡のような好転の数々。生活習慣病、その他、さまざまな病気にお悩みの方に、このブログを通してお伝えしたいです。この健康法は傑作健康法なのです。





メールはここをクリックしてください。
連絡:harada0816@gmail.com
電話:090-1077-9819





soleil_bana001.jpg



掲示板つくりました

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。